2007年07月03日

第43号配信しました!

 第43号配信しました!

 特集は「ホントに寝だめは駄目なのか?」
「時間の価値」
「肥満の人は筋トレの効果が出にくいそうですが、、、」
映画「ダイ・ハード4.0」
など盛りだくさんです。

第43号の内容は「続きを読む」をクリックしてください。
読むことができます。

ビデオ制作は映像制作会社いちばん http://www.ichi-ban.co.jp/=フジタのPRデス!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ vol.43━2007.7.3.━
 【快眠で幸せを!】 快眠で手にいれる!人生を劇的に変化させる方法
                      隔週火曜日配信です

┃今‖【1 はじめに】    時間の価値
┃日‖【2 快眠のポイント】 ホントに寝だめは駄目なのか?
┃の‖【3 お便り紹介など】 映画「ダイ・ハード4.0」
┃内‖【4 オススメ情報】  映画「主人公は僕だった」
┃容‖【5 編集後記】   肥満の人は筋トレの効果が出にくいそうですが、、、
┃           発行者:メディア・プロデューサー 藤田智
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

【このメルマガは・・・】
いつも熟睡感が無くて・・・ストレス?年齢?病気?
そんな悩み抱えていませんか?
そんなあなたに実践から生まれた快眠の方法を教えます。
快眠は仕事に、健康に、勉強に、美肌にも効果的!
快眠で幸せをつかみ人生を激変させましょう!


【1 はじめに】 時間の価値
………………………………………………………………………………………

 カシオ計算機が、東京、ニューヨーク、ベルリン、北京のビジネスマン、
各都市100人、計400人の男女を対象にインターネット上で調査した
「1時間の価値」は――日本は9193円、中国は9735円、
アメリカは3万9240円、ドイツは4万2869円だったそうです。

 一方、1日24時間に足したい時間は、
日本が平均8時間32分、中国が6時間54分、
アメリカが6時間32分、ドイツが5時間27分。

 時間の価値を最も低く見積もった日本のビジネスマンが
最も時間が足りないと考え、時間に最も高い価値を付けた
ドイツのビジネスマンの足りない時間が最少だったのは、
時間を大切に、有効に使っているか否かの差なのでしょうか。

 でも、のんびり作業する幸せ、のんびり作る幸せって言うのも
あるような気がするけど、時代には逆行しているのでしょうね。

「快眠で手にいれる!人生を劇的に変化させる方法」43号です。


……………………………………………………………………………………………
【2 快眠のポイント】 ホントに寝だめは駄目なのか?
……………………………………………………………………………………………

 寝だめは、効果が無いという話をよく耳にします。
日頃の睡眠不足を、土日に補いたい。
誰もが考えることでしょう。
また、実行することも多いですよね。

 昼近くまで寝ていたり、たっぷり昼寝を取ったり。
ところが早くも月曜の昼間には睡魔がやってきて・・・
なんていうこともしばしば。

 何故、寝だめは効かないのか?という説明には、
「過剰に睡眠を取りすぎると生体リズムを崩し、
夜遅くまで眠気を感じなくなるため、
翌日の睡眠時間を短くしてしまうから。」
「睡眠リズムが狂い始めると、夜中に何度も目が覚めるなど
睡眠の質が悪くなるから。」
というようなことが言われます。

 規則正しい睡眠は、起床時間を一定にすることが
大切になるのですが、それならば睡眠の不足感を払拭するには
早く寝るしかないのでは?と思われます。

 昼近くまで寝ていたり、昼寝をしすぎることで、
夜眠れなくなることがないように、
早く寝て、いつもの時間に起きる。
それが寝だめ?と言えるか判りませんが、
睡眠の不足感を払拭できる方法だと思います。

 ポイントは金曜日の夜。
ここに約束を入れて飲みに行ったりするとアウト!
どうしても土曜日に起きられず、
その結果、土曜の夜も遅くまで眠気が起きず
日曜も寝坊。寝坊の連鎖が月曜の睡眠不足を招きます。
(何度も経験済みなので、実感です。)

 約束は木曜にすれば、頑張って金曜の仕事を乗り切れば
早く寝たくなってしまいますから、土曜も決まった時間に起床。
寝たりなければ早く寝ることができるようになりますので
早寝の連鎖が始まって、翌週も快調にスタートできると言うものです。

 早く起きようというよりも、早く寝ようという意識が
大切に思いますが、勿論容易くありません。
金曜に約束を入れない。まず、そこから一歩を踏み出す
というのが良い様に思います。


……………………………………………………………………………………………
【3 お便り紹介など】 映画「ダイ・ハード4.0」
……………………………………………………………………………………………

 今回は、紹介したい映画が2本あるので、
二つのコーナーをまたいでご紹介します。
まず、お馴染み、大好きな「ダイ・ハード・シリーズ」4作目の登場です。
12年ぶりと言うことですが、相変わらずタフな主人公です。
歳を取るどころか、スーパーマンになったかのよう。

 否応なしに大事件のど真ん中に投げ込まれ、
不平たらたら愚痴こぼしまくり、でも、戦いから逃れられない
世界一不幸な男が、刑事ジョン・マクレーンだったと思うのですが、
今回は驚いた!
劇中で、何故、戦い続けるのか問われたジョンは、
「ほかに代わってくれる奴がいない」と悪との戦いを
自らの使命だと自覚しているのです。
え〜、、そもそも、俺は逃げたい。こんなことやってられない。
あの馬鹿、何やってるんだ。仕方ない、クソー。。
という思考回路だったはずなのに、
ほかにいないと判っている。だから俺がやるしかない。
と初めから事件に関わるしかないと自覚しています。
成長したの?改心したの?
実はキャラクターを随分変えてしまっているように思いますし、
共感が薄い一つの理由はココにあるような気がします。

 また、最近、つくづく思うのですが、スパイダーマンや
不死身のスーパースーツを身にまとっているバットマンは、
初めからコミックの世界で活躍するスーパーマン型ヒーローですから、
ヘリから飛び降りようと、高速道路が破壊されて、そこから落ちようと、
平気でも良いでしょうが、最近は生身の筈のヒーローも、
スーパーマンになってしまっています。
例えば007やミッション・イン・ポッシブルです。
ダイハードだって、ろくな武器も持っていない主人公が、
知恵を絞って、生身の体を駆使して、最強の武装極悪集団と
戦うところが、そもそもの醍醐味だったと思います。
高速で走らせた車をヘリにぶつけたり、何でもありでいいのかなぁ?

 まあ、観ている時は見飽きないのですが、
見終わった後にも、思い出すだけで楽しめる味わいがなぁ。
第一作。ガラスの破片の上を走らざるを得なかったジョンが、
血だらけになった足を引きずりながら戦ったリアリティ。
よくよく考えればありえね〜、って話でも、リアルにリアルに
考え尽くしたアクション映画であり、正義と悪が知能戦で激突するという
構図が痺れる元でした。
悪役、脇役、多くの人が個性的だったし、
キャラクターが掘り下げられていました。

 今回はサイバー・テロ集団の顔がよく見えないし、
(つまり、どんな悪い奴らなんだ。ということです。
一作目の悪人たちは、何人も思い出せるでしょう。
悪人一人一人が個性的でした。)
また、離婚した妻に代わって登場する娘のキャラクターも、
深みを出すには若すぎるし、
父親でも登場させた方が良かったかも知れません。

 久しぶりに良くない部分ばかり書いてしまいましたが、
じゃあ、楽しめないかというとNo!面白いですよ。
12年ぶりのダイ・ハード祭りが始まったと思えば、
ジョンみたいに不敵な顔で、この映画は。。。
なんて語るのも野暮でしょう。

 祭りだ祭りだって浮かれて楽しめば良いように思います。


…………………………………………………………………………………………
【4 オススメ情報】 映画「主人公は僕だった」
…………………………………………………………………………………………

 着想は面白いと思うのですが、アイデア一発だけで、
長編映画を作るのは難しいのでは?と思いました。

 タイトルの通り、実は自分は執筆中の小説の主人公。
もし、小説の結末に死が待っているとしたら?
それに気付いた主人公は・・・
というような話なのですが、短編映画だったら、
もっと印象的な作品になったように思います。

 2時間近い映画になっているのですが、冗長な感は否めません。

 初老の学者を演じているダスティン・ホフマン。
若者の悩みを一身に背負ってスクリーンに
印象的な演技を刻んでいたのが、ついこの間のように思います。
今や初老の役を演じたりしているのは実に不思議。
軽妙に力み無く演じている様は、好感も持ちますが、
社会の歪みや複雑怪奇な人間関係のねじれの中に身をおいて、
もがき、走り、転ぶような役どころこそ、やっぱり彼らしいような気もして、
ご隠居状態なんて姿ばかり見せないでね。
なんて勝手なことも感じました。

 着想や設定の派手な映画ばかりが目立つ昨今ですが、
地味でも味わいがある、考えさせられる映画も踏ん張って欲しいと
願うことに変わりありません。
そう思えば奮闘賞を渡しても良い映画かなって思います。

 ★こんなこともオススメ!などどんな些細なことでもいいのでメール下さい!
  必ずお返事します。
  また、取り上げて欲しい話題などもお待ちしています。
  → < info@ichi-ban.co.jp >


……………………………………………………………………………………………
【5 編集後記】 肥満の人は筋トレの効果が出にくいそうですが、、、
……………………………………………………………………………………………

 アメリカで行われた調査で、
筋力トレーニングによる筋肉の増量が、太っている人はやせている人に比べて
4〜17%少なかったという結果が出たそうです。

 研究チームは「たとえ大幅な減量や心肺機能の改善がみられなくても、
運動やトレーニングは太っている人にとって健康面で多大な効果がある」
と言うのですが、あ〜!ますますやる気が失せた。という人も多いのでは?
(正直、私はそう思ってしまったな。。)

 ではまた。
最後までお読み頂きありがとうございました。


★ご意見・ご質問・もちろん!仕事の依頼も受け付けます。
 どんなことでもメール待ってます!必ずお返事します。
 また、取り上げて欲しい話題・ご質問などもお待ちしています。
  → < info@ichi-ban.co.jp >

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
 ☆ 発行人:メディア・プロデューサー 藤田 智
 ☆ 株式会社いちばん http://www.ichi-ban.co.jp/
 ☆ E-MAIL:< info@ichi-ban.co.jp >
 友達に・恋人に・仕事仲間に・取引先に転送はご自由です。
 どんどん転送してください。どんどん口コミで広げてくださいネ!
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
 ☆藤田智って誰?(プロフィールはこちら)
  http://www.ichi-ban.co.jp/category/1158539.html
  MySpace URL: http://www.myspace.com/1ban
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
 ■購読・解除はご自身でお願いします。こちらから出来ます!
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000185867.html
posted by fujita at 20:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【快眠で幸せを!】ホントに寝だめは駄目なのか?
Excerpt: ビデオ制作は映像制作会社いちばん=フジタのPRデス!☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ vol.43━2007.7.3.━ 【快眠で幸せを!】 快眠で手にいれる!人生を劇的に変化させる方法..
Weblog: 快眠で手にいれる!人生を劇的に変化させる方法
Tracked: 2007-07-03 21:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。