2006年07月15日

第21号配信終了しました!

 第21号配信終了しました!

 特集は「室温と眠りの関係は?」
港区麻布台「外交史料館」
「プライバシーとはナンだ?」
「どうしようもない暑さ」
など盛りだくさんです。

第21号の内容は「続きを読む」をクリックしてください。
読むことができます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ vol.21━2006.07.15.━
 【快眠で幸せを!】 快眠で手にいれる!人生を劇的に変化させる方法
              毎週火曜日配信です(が、今日は土曜日(-_-;)

┃今‖【1 はじめに】   どうしようもない暑さ
┃日‖【2 快眠のポイント】 室温と眠りの関係は?
┃の‖【3 お便り紹介など】 携帯電話のメルマガ
┃内‖【4 オススメ情報】  港区麻布台「外交史料館」
┃容‖【5 編集後記】   プライバシーとはナンだ?
┃           発行者:メディア・プロデューサー 藤田智
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

【このメルマガは・・・】
いつも熟睡感が無くて・・・ストレス?年齢?病気?
そんな悩み抱えていませんか?
そんなあなたに実践から生まれた快眠の方法を教えます。
快眠は仕事に、健康に、勉強に、美肌にも効果的!
快眠で幸せをつかみ人生を激変させましょう!


【1 はじめに】 どうしようもない暑さ
………………………………………………………………………………………

 こんにちは。藤田です。
全国的に猛烈な暑さが日本列島を覆っているようです。

 昨日、金曜日は浜松で38度、都心でも35度を超えたとか。


 事務所のエアコンが壊れていました。
やっと木曜に新しいエアコンが付いたので
命拾いしました。

 もし、まだ取り付け工事が終わっていなかったら・・・
この、どうしようもない暑さのせいで
どうなっていたことか・・・
考えただけでも恐ろしい。

 昼前に、歩いて5〜6分のところにある銀行へ行きました。
太陽が真上に昇っていたので途中日陰も無く、
着いた時にはゆでだこ状態。

 口座を開きに行ったのですが、
窓口で書類を書き込む間中、汗が引かず最悪。
行き帰り10分あまりの所に行っただけなのに、
戻ってからシャツを取り替えました。
昔も猛烈な暑さはあったと思います。
でも暑さの質が変わったように思います。

 もう殺人的です。

 「快眠で手にいれる!人生を劇的に変化させる方法」
第21号のスタートです。


……………………………………………………………………………………………
【2 快眠のポイント】 室温と眠りの関係は?
……………………………………………………………………………………………

 今回は「室温と眠りの関係」について
お話ししたいと思います。

 先に結論を言ってしまうと、睡眠に適した温度は、
室温15〜25度、湿度は50%。
寝床気候(布団の中の温度、湿度)は
温度33度、湿度50%がベストだそうです。

 「・・・だそうです。」なんて人ごとみたいな書き方
ひどいですよね!でも、先に結論のようなことを書いたのは、
だから何?って感じもするからなんです。

 快適な室温にするのは、結構難しいと思うのです。
まして15〜25度っていうのが曲者ですよね。
エアコンを何度に設定しておけば良い!
というわけでもないのですね。

 快適な睡眠には、快適な寝床気候を保つことが大切だと
言われても困っちゃいますよね。
どうやって布団の中の温度と湿度を調節するんだってネ。

 掛け布団、敷き布団と身体が接触する部分の温度は
四季を通じてほとんど変化がないそうで、32〜33度。
ところが布団内の湿度は季節差が大きく、
春、秋は55〜60%、夏は80%にも達するとか。
寝汗をかくことで身体の深部の体温を下げ、
心地よく眠れるのですが、湿度が高すぎると、
うまくいかなくなります。
また寝返りも増えて寝苦しくなります。

 となると寝室の温度や湿度、風通しなどを調節し、
結果的に快適な寝床気候をつくるということなのだと思います。


 快適な睡眠ということを深く考え出して
最近つくづく思うのは、私たちの活動する環境が
大きく変わってきたので、今までの情報を
修正していかないと、快眠に近づけないな!
っと言うことです。

 例えば布団について、「冷たい布団に入った途端、
ヒヤッとすることがありますが、それだけで、
交感神経系の活動レベルが上昇してしまうことがあり、
入眠の妨げになることあります。」
という話がありました。

 寒〜い冬のことです。すきま風が絶えない一軒家。
ストーブをどの部屋にも焚くわけにはいかず、
寝室は冷え切っている。
子どもの頃、私の家もそうでした。
掛け布団を一枚余計に足して、パジャマに着替えると
重い布団の中に頭までもぐり込みます。
丸まって息や体温で布団の中が温まるまで、
じっとしていました。息苦しくなって布団から顔を出すと
ヒンヤリした空気が布団の中のポカポカしてきた暖かさを
一層大切なモノに感じさせてくれました。

 こんな状況では、交感神経系の活動レベルが〜。
ということもあるでしょう。
冷たい布団対策、例えば毛布が〜とか。
そういうことが大切だったりするでしょう。
でも、交感神経系の活動レベルが上昇してしまうほど
冷たい布団が問題になることはほぼ無くなっているのでは
ないでしょうか。

 何枚も布団を重ねて寝ることも無くなっていると思います。

 住居の環境が大きく変わり、アルミサッシや
断熱材の進化で寝室が冷え切ることは無くなっている
というのが現状ではないでしょうか?

 私などは真冬でも、布団にもぐり込んだときの
ヒンヤリした布団の感触が好きです。
でも、これって部屋が寒くないからですよね。
昔では考えられません。


 先日、通勤電車の中でサラリーマン同士の会話が
聞こえてきました。
家が高台にあるので風通しが良く、クーラーのスイッチを
入れるのは年に一度あるか程度だというのです。

 一方、私の住んでいるマンションなどは
風が通り抜けるのも難しければ、
周囲に緑も少ない、海に近すぎるのもいけないのかも?
夏の外気が心地よくはなかなかなりません。
エアコン・フル稼働です。
一方、冬は反対で、マンションですから壁の向こうは隣の家、
皆、そこそこ暖房を入れているでしょうし
冷え切ることがほとんどありません。
となると、夏と冬の温度差が、家の中に限れば
昔ほどではないわけです。

 生活している環境によって、睡眠に快適な状況をつくる方法は
随分違ってくるように思います。


 睡眠に適した温度は、15〜25度という話がありました。
つまり夏と冬では違いますと言うことですね。
外気に対してということだと思います。

 昨日のように最高気温は35度。
熱帯夜という日の25度は涼しく感じるでしょうし、
真冬、零下まで気温が下がる日の室温15度は暖かく感じるでしょう。

 事務所に新しいエアコンが入ったのですが、
「健康冷房」という機能がありまして、説明書を読むと
室内と屋外の温度差が大きいと体調悪化の原因となるため
エアコンが設定温度を自動的に決めるそうです。
屋外が34度だと室内は29度に、
30度だと26度に設定されるようで、
4〜5度外より冷やすのが良いようです。
そんな体に無理がない室温を探すのも大切です。

 きっと暑い日、それほどでもない日、それぞれ
程良い温度というのは変わるのだと思います。

 また、外での活動が多い人、冷房や暖房の効いた
室内での活動が多い人、快適に寝られる室温というのは
違うように思います。

 先ほどの高台に住むサラリーマンのような方は
通り抜ける風が心地よく、真夏でも室温をそれほど
下げようとしなくても良いでしょう。

 つまり、まずはじめに言いたいのは、昔とは住環境も
随分変わった。しかし、個々の環境の違いは大きいわけで、
その上、日々気候も変わる。ということは・・・
それぞれが快眠できる温度、湿度を日々探るしかないなあ。
ということなのです。

 窓を開けて風を通して眠るのが気持ちよい寝室。
でも、明け方の冷え込みを考えてカーテンで上手に調節。
という家もあるでしょうし、エアコンの調節が決め手という
家もあるでしょう。

 また、その日の天気、とても暑かった日、寒かった日、
陽気の良い日、やはり心地よい環境は違うのだと思います。

 快眠できる環境は日々変わると言うことを意識して
自分に心地よい環境に、窓、カーテン、扇風機、エアコンを
フル活用して整えると言うことなのだと思います。


 風を通すことで調節できる家は良いですが
やはり、都会では特に減っているのだと思います。
となると、エアコンの使い方が重要なのは言うまでもないでしょう。

 寝室を、それ以外の目的で使っていない場合、もったいないですが
夏は、あらかじめ室温を下げておくと良いようです。
どうしても建物が火照っていると、エアコンを切りにくくなります。
そのため、壁の温度まで下げておくのが有効だと思います。
冬は反対ですね。

 私の場合、どうしてもエアコンが付いていると微風でも
気になるので切ってから寝たくなります。
そのため、部屋を冷やしておく、特に寝苦しい日は
隣の部屋のエアコンを付けて風が当たらないようにする
という方法をとっています。

 また眠ってから3、4時間経つと温度が上がって寝苦しくなるので、
3時間後に30分か1時間エアコンが効くようにタイマー設定をすると
良いようです。これは試していません。元々4時間程度で一度、
目覚めてしまうので、その時、付けたり消したりしています。
でも、新しいエアコンはタイマーを幾通りにもセットできるようなので、
室温が上がらないように、でも、付けっぱなしにしないように、
細かく付けたり消したりをタイマーを駆使して設定してみても
良いように思います。

 あと意外に快適なのが扇風機の活用ですよね。
直接、当てっぱなしにすると冷えすぎて良くないですが、
微風にして、壁に向けて空気を循環させると、
エアコンの冷気も循環するし、体感温度も下がり気持ちがよいです。

 真冬の寒さは布団にもぐり込むことで、なんとかしのげますが、
真夏の暑さは、布団から飛び出して寝室を転げ回っても、
早々解決はしません。
窓を開けてみたり、エアコンを付けたり、扇風機を持ってきたり、
手間暇かかります。でも、この間まで蚊帳吊って窓開け放して、
団扇で扇いで寝ていたんですから、それを考えれば天国です。
文明の利器を目一杯活用して今年の夏も快眠を目指したいと思います。


……………………………………………………………………………………………
【3 お便り紹介など】 携帯電話のメルマガ「快眠で幸せを!」
……………………………………………………………………………………………

 先週もご報告しましたが携帯電話へのメルマガ。
その後も読者が増えているのです。
何万部なんていうようなメルマガもあるわけですから
比べてみれば笑っちゃうような数字なのかも知れませんが
細々とやってきた身からすれば、驚きと喜びと不安で一杯です。

 しかし、メチャクチャ力入れて書いているPC版が現在、
まぐまぐ137人、メルマ71人、最近は変動もありません。

 携帯版は電話会社によっては文字数に制限があるというので
このメールマガジンの快眠のポイントを190文字にまとめて配信しています。

 なんかPC版に比べると物足りないんですよね。
出してる方からすると・・・
ところが6月28日、68部。
7月1日、72部。
それが7月6日、225部。
今現在、350部だそうです。
何でだろう???

 皆さんも不思議でしょう?
何故かは読んでみないと判りません。
でも、読んでも判らないでしょうが・・・

でもでも是非、ご登録を!
という訳で、結局、宣伝でした!

……………PR………………………………………………………………………
【ミニまぐ「快眠で幸せを!(M0052622)」配信中です】
携帯電話に190文字にまとめた快眠をテーマのメルマガを
無料で配信しています。
登録はPCからの場合
1)「ミニまぐ」 http://mini.mag2.com/pc/ へアクセス
2)検索で 「快眠で幸せを!」 と入力!
3)あなたの携帯アドレスを入力し登録ボタンをクリック!
4)ミニマグから登録確認メールが携帯電話に届くので
 それをクリックして登録完了!です。
携帯電話からの場合
1)「ミニまぐ」 http://mini.mag2.com/ へアクセス
2)検索に「快眠で幸せを!」 と入力!
3)「登録」を選択し送信すると完了です。
是非、併せてご購読ください。
過去の記事はコチラをクリックしていただければ読むことができます。
 http://backno.mini.mag2.com/r/servlet/MBack?id=M0052622
………………………………………………………………………PR……………

 快眠のことでも、ほかのことでも、
 ぜひ、ご意見・ご質問などメール下さい!
 また、取り上げて欲しい話題・ご質問などもお待ちしています。
 お返事は必ずさせていただきます。
 → < info@ichi-ban.co.jp >


…………………………………………………………………………………………
【4 オススメ情報】 港区麻布台「外交史料館」
…………………………………………………………………………………………

 今日は、まぁ、ほとんど知られていないけど、行くと面白いですよ。
その上、無料という施設をご紹介したいと思います。

 ※写真が見られます。
  写真をクリックすると更に大きくなります。
 http://kaimin1ban.seesaa.net/article/20352342.html

 外務省の施設で「外交史料館」と言います。
丁度、地下鉄六本木一丁目(南北線)、日比谷線神谷町、
又は六本木駅から徒歩10分程度、近くにロシア大使館などもあって、
機動隊?の警備なども少し物々しいところにあります。

 ホントにここに入って大丈夫かなあという雰囲気を醸し出す
入り口をくぐり、外交史料館の建物へ。
(休館日は土曜、日曜、国民の祝祭日、年末年始など。
開館時間は10時から17時30分です。)

 外交史料館では、幕末以来の日本の外交記録を
収集、整理、保管し、貴重な条約書、史料などの展示も
行っているのですが、何と言っても教科書に載っているような
歴史的出来事の外交文書などを生で見られるのが魅力です。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/

 ナポレオン三世の親書、日清講和条約調印書、
重光外相の降伏文書などなど、
単純に、ほほ〜ってなります。本物はコレか!
オリンピックの金メダルと同じで、本物を見られることは
そうそうありませんものね。

 「親書を携えて・・・」なんてよく耳にする言葉ですが
一体何が書いてあるのか?
まぁ、本物を見てもよく判らないのですが、
それでも、少し納得!
「いいもの見ちゃった!」という感じです。

 外交史料館は、外務省の一施設として、1971年に開館。
1988年に展示室が増設されたとのこと。
(吉田茂記念事業財団(現財団法人吉田茂国際基金)より寄贈)

 今は特別展として「国書・親書展―アジア―」をやっています。
都心に行かれたときに一度立ち寄られたらいかがでしょう。
税金払ってるなら見なきゃ損!

※国書・親書とは、国家の元首が相手国の元首に宛てた手紙のことで、
 いずれにも、元首の署名(サイン)が記されています。
 外交史料館では、江戸幕府徳川家の将軍や明治天皇、
 大正天皇、昭和天皇が諸外国からそれぞれ受け取った
 国書・親書を数多く(約1100通)所蔵しています。

☆将軍徳川家斉より朝鮮国王純祖宛(1811年)
 将軍宣下を祝福する純祖よりの国書に対する返書
☆清国皇帝光緒帝より明治天皇宛(1895年2月18日)
 李鴻章を日清講和会議の全権大臣に任命する旨を伝える国書
☆シャム国王チュラロンコン(ラーマ5世)より明治天皇宛(1887年5月5日)
 通商条約締結のため外務大臣デヴァウォング親王に
 全権を付与する旨を伝える国書
☆ペルシャ国王ナーセルッディーン・シャーより明治天皇宛(1880年)
 権少書記官吉田正春がペルシャ国王に謁見した際の勅語
 などなど

 ★こんなこともオススメ!などどんな些細なことでもいいのでメール下さい!
  必ずお返事します。
  また、取り上げて欲しい話題などもお待ちしています。
  → < info@ichi-ban.co.jp >


……………………………………………………………………………………………
【5 編集後記】 プライバシーとはナンだ?
……………………………………………………………………………………………

 先日、滋賀県で2歳の子どもが虐待され死亡、
両親が逮捕された事件がありました。

 2003年に母親の容疑者(25)から育児不安の相談を受け、
子どもは養護施設に入所。計8回、容疑者の元に一時帰宅しましたが、
関係が良好だったため、今年5月に容疑者が引き取ったと言います。
その後、子ども家庭相談センターや市などの担当者が
計5回家庭訪問したところ、不在で子どもには一度も会えなかったとか。

 ニュースによると近所の人は熱湯をかけられて子どもが泣き叫ぶ声を
聞いているそうで、自衛隊員の夫と共に虐待していたとのこと。

 母親から相談を受けていた滋賀県中央子ども家庭相談センターが
記者会見し「虐待には一切気付かなかった。ネグレクト(養育放棄)しか
疑わなかった」と説明、対応不足を謝罪したそうですが、
プライバシーを考えて近所の聞き取り調査などはしなかったそうです。

 近所の人に様子を聞けば対応が違った筈です。
でも、面倒に関わり合いたくなかったのでしょう。
異常事態を聞きたくなかったのでしょう。
面倒に関わり合うのが家庭相談センターであり行政だと思うのですが、
実際は違うのだと思います。

 問題が出たときの言い訳に
プライバシーという言葉がどれだけ使われてきたでしょう。
人が死んでも仕方ないというようなプライバシーなど
要らないと思います。
正しく解釈されていないというのがホントのところでしょうが、
正しく解釈する気もなく、プライバシーがこれからも言い訳に
使われていくならば、そんなもの要らない!と言った方がマシです。

 これじゃあ、いくら快適なエアコンの使い方を研究しても
ぐっすりなんか眠れません。
腹立つなぁというこの気持ちを収める方法を先に考えた方が
快眠に役立つかも?

 ではまた、来週火曜日(予定)に配信します。
お読み頂きありがとうございました。

……………PR………………………………………………………………………
【メルマガ「90秒でわかる!プロが教えるヘアケアの秘密」好評です】
 なぜ決まらないの?私の髪は!そんな悩みにお答えします。
 プロが教えるヘアメイクの裏技から基本的なこと、
 意外と知らないヘアケア術まで100%大公開のメルマガです。
  http://www.mag2.com/m/0000186610.html(HTML形式)
  http://www.melma.com/backnumber_151079/(テキスト形式)
 私、フジタが配信しています。是非ご登録下さい。
………………………………………………………………………PR……………

★ご意見・ご質問・もちろん!仕事の依頼も受け付けます。
 どんなことでもメール待ってます!必ずお返事します。
 また、取り上げて欲しい話題・ご質問などもお待ちしています。
  → < info@ichi-ban.co.jp >

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
 ☆ メディア・プロデューサー
 ☆ 発行人:株式会社いちばん 藤田智
 ☆ http://www.ichi-ban.co.jp/
 ☆ E-MAIL:< info@ichi-ban.co.jp >
 友達に・恋人に・仕事仲間に・取引先に転送はご自由です。
 どんどん転送してください。どんどん口コミで広げてください!
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
 ☆藤田智って誰?(プロフィールはこちら)
  http://www.ichi-ban.co.jp/category/1158539.html
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
posted by fujita at 11:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 睡眠と環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20812285
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【快眠で幸せを!】室温と眠りの関係は?
Excerpt: ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ vol.21━2006.07.15.━  【快眠で幸せを!】 快眠で手にいれる!人生を劇的に変化させる方法               毎週火曜日配..
Weblog: 快眠で手にいれる!人生を劇的に変化させる方法
Tracked: 2006-07-15 11:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。